コロナの巣ごもり需要で脚光、干しいも人気ホクホク 神社やVRも登場スーパーフードの声も(1月5日 東京新聞より)

2021.01.07 | Cloud Device NEWS

新型コロナウイルスによる巣ごもり需要で、茨城県が生産量日本一を誇り、県民のソウルフードとも呼べる「干しいも」が脚光を浴びている。自然な甘みたっぷりの健康食品という好印象が定着したほか、原料のサツマイモ収穫をリモートで疑似体験できるようにした農家も現れるなど、消費者のニーズに応えてきたことが功を奏したようだ。そんな進化を続ける干しいもの現場を取材した。

記事本文


▲ページの先頭へ€

 
®